2012年01月09日

2012初釜

昨日はお茶の社中(先生とそのお弟子さんたち)での初釜(新年最初に行なうお茶会)でした。
場所は横浜の名園・三渓園のそばにあり、古民家を移築して建てられたお料理屋さんの隣花苑。
三渓園を創設した原三渓の曾孫さんのお店です。

社中勢ぞろいは、初釜のときだけかな。
総勢40人ほどで、お休みの方が20人ほどいるとのこと。
私が習っている先生とお母様の大先生、そして大先生の亡くなられたお姉さまに師事していた方が移ってこられているので、大所帯ですね。

最初に濃茶、続けて薄茶。
席を変えて昼食。
また席を変えて福引となりました。

hatugama2012_01.jpg

まずは床飾り。
掛け軸は隣花苑さんのもので、原三渓の娘さんがお嫁に行くときに、お祝いにいただいたものの熨斗を表装したものだそうです。
紙じゃないので、絹に描かれているのかな?
こんな熨斗がついた贈り物って。。。
初釜の床飾りにつきものの結び柳。
お花はお庭の紅白の椿。
香合はぶりぶり香合。ぶりぶりとは、昔のお正月の子供のオモチャ。車が付いていて、引っ張るための紐が先についていて、子供が引っ張ると「ブリブリ・・」と音がしたものだそうで、この香合、初釜では定番のものらしいです。

お釜。

hatugama2012_02.jpg

海老の形をした環付。
長寿を祝う形でしょうか。

お道具。
hatugama2012_03.jpg

大先生の亡くなられたお姉さまのもの。
黄色の色が鮮やかです。

茶席では2番目のお客様、次客でした。
本来、私に正客(一番目のお客)の資格があったのですが、まだ入門3年目。
正客は色々やらなきゃいけないこともあり、私では務まらないので辞退しました。
でも緊張したぁ。。。
そんなわけで、茶席中でいただいた御菓子やお茶碗の写真はなしw。
主菓子は花びら餅(葩餅)。社中のお菓子職人である兄弟子が作ったものでした。
干菓子は梅の形をした落雁でした。

お食事の席は大人数なので2部屋に分かれて、お食事をいただきました。
黒豆や数の子が入った卵焼きなど、お正月らしいお料理。

hatugama2012_07.jpg

写真左は名物の三渓そば。右は白みそ仕立てのお雑煮です。

寒いけれど穏やかな一日、民家らしいお庭もきれいで、楽しい一日でした。

大先生に「今年のお茶の目標を立てること」と言われたので、私の目標を。

  きれいにお茶を点てる。

裏千家では、薄茶のときに泡立てます。
この泡がきれいに立たないんですね。
先生や姉弟子のお茶の綺麗なこと。
ふんわり泡立っていて、美味しそうなんです。
一歩でも近づきたいなぁ。
posted by 美々 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

茶会にて初点前

先週の日曜日5月1日、お茶会で初めてお点前を行いました。
対象は幼稚園児〜中学生までの子供たちとそのご父兄など30名ほど。

私が所属しているお茶の会では、毎年5月〜9月の間の月1回、子供たちを対象としたお茶の稽古をお茶菓子程度の料金で行っています。
その年の初回のお稽古は、「お茶ってこんな事なんだよ」という雰囲気を味わってもらうために茶会形式で行われています。

先月半ば、会の行事の後の反省会の時に「5月1日、どなたかお点前をしませんか?」と話が出ました。
お茶会の会場が私のお稽古場所&当日午前中私のお稽古日と言うことで、話をしている方は私の顔をじっと見てニコニコしてるんです。

お稽古を初めてまだ2年経っていないし、まだまだ手順を飛ばしたり不安だらけ。
更に、4月までは炉(囲炉裏みたいなもの)でのお点前・5月からは風炉(火鉢みたいなもの)のお点前とお点前が違います。
風炉のお手前の方が柄杓の扱いが色々あって、ややこしいのです。
(本来炉から風炉に変わるのは、立夏(5月5日頃)のようですが、便宜上5月からにしているところが多いようです。)

人前でお点前するのは良い勉強になるかな〜と引き受けました。
先生には「引き受ける前に相談してほしかった・・・」と言われちゃいました(^_^;)

決まってから、当日の午前中を含めて2回のお稽古日がありました。
1回目は4月中なので、炉でのお稽古。
所作等を厳しく見ていただきました。

家に帰ってからも本を見たり、実際にお稽古を思い出しながら練習をしたりしました。

2回目は本番を模しての風炉でのお稽古。
「随分良くなった。これなら大丈夫でしょう」と先生からお言葉をいただいて、本番に臨みました。

お茶会では2席あったのですが、私のお点前は1席目。
既に何年もお稽古している子供たちが殆ど。
緊張しましたよ〜
そして、手順をひとつ抜かしてしまいました。
一度間違えると頭が真っ白。
でもね、子供たちが騒いでいて、殆ど見ている人がいなかったw
そこからは落ち着いてお点前が出来ました。

やっぱり良い経験になりましたね〜
お稽古に慣れが出てきていたのか、所作が綺麗になったのが大きな収穫でした。
人間追いたてられれば出来るもんだ(笑)

「子供たちに教えるのも手伝ってほしい」と言われています。
人に教えるのは大変だけど、自分の勉強にもなるので出来るだけお手伝いしようと思ってます。
posted by 美々 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

2010年 炉開き

2日、お茶のお稽古での炉開きがありました。

炉開きとは…
5月〜10月までは風炉という火鉢のようなものを使って茶釜のお湯を沸かしますが、11月からは風炉を止めて、囲炉裏みたいな炉を使い始めます。
これを炉開き、もしくは開炉(かいろ)と言います。
炉を開いて、初夏に摘んで寝かせていた新茶を初めて使う「口切」が行われるため「茶人の正月」と呼ばれます。
本当は、陰暦亥(い)の月の初亥(い)の日に行うものらしいですけど、一般的には11月に入ってからとなります。

「お正月」とはいいつつも、仕事帰り。
うちの先生がいくつかもっていらっしゃる普段のお稽古場ではない別なお稽古場に伺うと、15人弱の方が勢ぞろい。
普段お稽古でお会いしない方が多く、緊張。
「皆さんお仕事帰りだから、簡略化してます」とは言われてもね。

炭点前から始まり、濃い茶が降る回られ、くじ引きで薄茶を点てる順番を決め、何と1番を引いちゃい、半年ぶりの炉のお手前で右往左往しながら一椀を点て、くじで2番目を引いた方にお出ししてあとはノンビリ。

炉開きの時は亥子餅(いのこもち)がつきものだそうです。
猪の子供、ウリボウを象ったように、上にちょっと焼き印が付いていて餡の中に雑穀をいれるそうで、今回は胡麻が入っていて香ばしかったです。
他に“べ”がついたお道具を使うのが習わしだそうで、ふくべ・織部などなど。

初めて参加した行事ですが、楽しかったです。

時計6時晴れ
posted by 美々 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

10月のお茶のお稽古

一昨日、今月2回目のお茶のお稽古日でした。
10月はちょっと特別。
風炉(ふろ:火を入れて釜を掛ける器物。畳の上に置かれた火鉢みたいな物。)が今月で終わり、来月から炉(ろ:畳に切られた小さな囲炉裏みたいなもの)になります。

風炉でも5月〜9月までと10月のお手前はちょっと違います。
今年は異常としても、肌寒くなってくるのがこの季節。
少しお客様に暖を取っていただこうと、通常風炉は畳の真ん中より左・壁に近い方に置かれますが、10月は中置と言って畳の真ん中・お客様に若干近いところへ置かれます。
そうなってくると、他のお道具の配置も違ってきます。
10月特有のお点前になります。

そして一昨日、もう一つ10月特有のお点前をお稽古しました。
それは五行棚(ごぎょうだな)。

【送料無料 茶器/茶道具・棚】五行棚 玄々斎好写
【送料無料 茶器/茶道具・棚】五行棚 玄々斎好写

こんな感じで、風炉が棚の中に入ってしまいます。

普通は棚の中には水差しが入ります。

【送料無料 茶器/茶道具・棚】宗旦好丸卓 組立済

上の写真は丸卓(まるじょく)ですが、こんな感じで水差しが入ります。

五行棚の話に戻ります。
五行棚は10月の中置の時にしか使われない棚。
焼杉の木目洗出しの天板と地板の間に、木(竹)の柱、炭の火、風炉の土、釜の金、湯の水、つまり木火土金水(もくかどごんすい)の五行がおさまっていることから、五行棚と名づけられたそうです。
結構お茶の世界には陰陽五行説が取り入れられているようです。
棚を扱うお手前の時、最後に柄杓を棚の上に置いて飾るのですが、棚板が四角い棚のときは柄杓のお湯を汲む部分を上向けて、棚板が丸い時は下向きに飾ります。
これは棚板の四角=陰、柄杓の上向き 丸=陽を表し、棚板の丸=陽で、柄杓を下向き 角=陰という意味だそうです。
つまり五行棚では柄杓は上向き、丸卓では柄杓は下向きとなります。

他にも季節によって使えるお道具が違ったり(柄杓も風炉用・炉用があります)、お客様へ季節を感じていただく嗜好(葉蓋…夏のお点前。水差しの蓋を水滴が載った大きな葉っぱにして涼を感じていただく。)があったり、お菓子も季節を感じさせるものが多く、月2〜3回のお稽古ですが、色々変化があって楽しいです。
覚えることも多いですけどねw

時計6時曇り
posted by 美々 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。