2007年02月27日

今年(2007年)の歌舞伎鑑賞教室の演目決定

今年の6月・7月に国立劇場で開催される歌舞伎鑑賞教室の演目と出演者が発表されているので、ご案内いたします。

「歌舞伎鑑賞教室」は毎年国立劇場で6月・7月に開催されています。
まず「歌舞伎の見方」として、舞台などの装置や音楽などについて説明を受け、その後に1本お芝居を観る形式です。
上演時間&料金が手ごろなので、歌舞伎を初めて観るにはお勧めです。

<<6月>>
演目:「双蝶々曲輪日記 −引窓− 一幕」
出演:中村扇雀・片岡孝太郎・坂東彌十郎 ほか
公演期間:2007年6月1日(金) 〜 2007年6月24日(日)
休演日:2007年6月14日(木)
開演時間:11時(1時10分終演予定)
     2時30分(4時40分終演予定)[2回公演]
     ※15日、22日は2時30分開演のみ
「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」:15日、22日
                 夜6時30分開演(9時10分終演予定)


<<7月>>
演目:「新版歌祭文 −野崎村− 一幕」
出演:中村福助・中村松江・中村東蔵 ほか
公演期間:2007年7月3日(火) 〜 2007年7月24日(火)
休演日:2007年7月20日(金)
開演時間:11時(1時10分終演予定)
     2時30分(4時40分終演予定)[2回公演]
     ※13日、19日は2時30分開演のみ
「社会人のための歌舞伎鑑賞教室」:13日、19日
                 夜6時30分開演(9時10分終演予定)


6月は義理人情話、7月は悲恋物と、今年は派手さがないですね。
7月のものは基は人形浄瑠璃。上演回数が多くわかりやすい演目です。


5月6日に6月分のチケットが一般発売されます。
例年のようにご一緒に観にいく方を4月に入ったら募集いたします。
20人以上だと、今から団体申し込みできるけど、そこまで参加者はいないかな?
私のお友達、そのお友達と連絡が取れる方でしたら、どなたでも参加OK。
参加希望の方は、募集前でも募集してからでも結構ですから、希望日時を教えてくださるとありがたいです。

時計6時半晴れ


posted by 美々 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。