2009年03月04日

2009年国立劇場 歌舞伎鑑賞教室 演目

このところ毎年出かけている歌舞伎鑑賞教室。
演目が決まったようです。
随分前に決まっていたみたいですが、記事にしていなかった。。。

6月「華果西遊記(かかさいゆうき)」

これは西遊記、おなじみ三蔵法師・孫悟空・猪八戒・沙悟浄の話。
猿之助一門が演じます。
ということは、結構派手な演出かな?
私は見たことがないです。

7月 歌舞伎十八番の内「矢の根(やのね)」・「藤娘(ふじむすめ)」

両方とも見たことがあります。

「矢の根」は“曽我物”と呼ばれる曽我兄弟の話。
主人公の曽我五郎(兄弟の弟)がタイトルとなっている矢の根を研いでいて、父の仇打ちの準備をしています。
転寝していると、兄の十郎が夢に現れ、敵にとらわれているから助けてくれと告げる。
飛び起きた五郎は兄を助けに駆けつける、といった話です。

「藤娘」は舞踊。
藤の精が木から抜け出してきて踊ります。
お酒を飲んでほろ酔い気分で踊る振りがあるのですが、そこが可愛い。


某所歌舞伎友の会の皆様にはチケット発売のころになりましたらご連絡いたします。
まだチケット発売日は確定していないようです。
団体は受け付けているけど、20名以上。
そこまでは集まらないなぁ。。。

時計5時半曇り
posted by 美々 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。