2012年03月18日

「インカ帝国展」

16日に代休が取れたので、上野の国立科学博物館で開催中の「インカ帝国展」を観てきました。

国立博物館で開催の中南米展は5回目ぐらい?
毎回とても面白い展示なので、開催を楽しみにしていました。

今回の展示は、3つの視点:考古学、人類学、歴史学 という構成になっています。

考古学の視点では、文字を持たず、鉄器や車輪を知らなかったと思われるインカ人を発掘されたものなどから観ていきます。

途中にあったのは、クスコにある石組の壁のレプリカ。
有名な12角の石を中心にしたものでした。
これは写真撮影OKだったのでパチリ。

inka_wall.jpg

その横で岩の削り方のビデオが流れていました。
大きな岩をおおよその形に削って、間に補助の石を入れて組あげる。
面が合うように岩を削った後、補助の岩を取り除けばぴったりくっつきます。
ってことでしが、鉄器がないので堅い岩をたたきつけて面を削っていくんです。
これで剃刀の刃が入らないようにできるの???って思いました。
なお、レプリカはその製法では作っていません。←スタッフの方に確認したので間違いないです。

人類学の視点では、ミイラ5体を中心に展示されていました。
このミイラ、インカに滅ぼされたチャチャポヤ人のもので、インカに滅ぼされるまでミイラを作る習慣がなkがったとか、現在の技術で分かってきたことなど、なかなか面白いです。
全部が膝を抱えて座って、顔をムンクの「叫び」みたいに手で押さえていて、それぞれの手の指の間に開かないようにか糸が渡してあるなど、形が決まっています。

そして歴史学の視点。
これが今回の展示の特徴かな?
インカ帝国ってスペイン人によって滅ぼされたあと、消滅したと考えられてきました。
しかし近年、征服後にもクスコにインカ族の末裔が残っていて、結束していたなんて判ってきました。
この古文書などから研究していく分野が歴史学です。
帝国滅亡後の話は、今まで知っていることが少なかったので、興味深かったです。

おまけのようにあるのがマチュピチュの展示。
今年、ハイラム・ビンガムがマチュピチュを発見して100年だそうな。
精密な模型が展示されて、また530インチの大型シアターで3Dを使ったマチュピチュの映像が観れます。
どちらも凄い力作です。

今回はちょっとおとなし目かな?
シカンの金の仮面みたいに派手な展示がないから、そう思うのかもしれません。
でも、良いものが沢山来ています。

展示は凄く丁寧。
ひとつひとつに結構詳しい説明がついています。
また、会場内何箇所か2〜3分の映像が流れていて、その周囲にある展示を理解する手助けになっています。
先ほど書いた石の壁のところもそうです。

そんな展示方法なので、そんなに会場内は混んでなかったのに、詰まる詰まるw
みんな、文字を読みますからねぇ。
こりゃ土日は大変でしょうねぇ。

当日、写真家・本展覧会コーディネーターの義井 豊氏によるギャラリートークが開催されたので、聞いてきました。
「普段しゃべるのが苦手」とおっしゃりつつ、苦労話などお聞きしました。
今はペルーは雨季で、展示物を運ぶのに車で八時間のところ、土砂崩れがあって24時間かかったとか、現地でのお話が中心で面白かったです。
この義井氏、近年の日本で開催されている中南米文明展のほとんどのコーディネーターをなさっています。
「今回で最後にしたいと言っているんですよ」とおっしゃっていました。
まだまだ止めないでほしいな、と思います。
会場からの「今回の展示品で一番お気に入りは何ですか?」と聞かれ、
ポスター等になっている「小型女性人物像」が好きと言われた笑顔が素敵でした。
ちなみに、チケットやポスターのデザインをされた方にこの像が好きだとは仰っておらず、偶然だそうです。

ギャラリートークの時、人類学展示監修者の篠田 謙一氏と歴史学展示監修者の網野 徹哉氏も後ろで観ていましたね。
先週には考古学監修者の島田 泉氏(シカン文化の発掘で有名)の講演があったのに、丁度休日出勤日で断念しました。

そういえば、人類学監修者の篠田氏、以前シカン文化の展示のときの講演で「面白い方だな〜」と思っていました。
今回ミイラ5体の展示の横に3D?映像で出演wされて説明してくださいます。

通常は図録以外買わないようにしているんですが、どうも中南米関係の展示ではグッズを買っちゃう傾向が。。。

今回は、

souvenir_inka.jpg

マチュピチュのクリアファイル。マチュピチュは絶対行くぞ〜!と思っているのでw
ワイルローのストラップ。愛と幸運のお守りだそうな。ご利益がありますように・・・
そして、赤っぽい5センチほどのもの、分かりますか?
キーフォルダーなんですが、先ほど書いたチャチャポヤ人のミイラ包みを模したものw
現地のレイメバンバ博物館のミュージアムショップのもので、限定品。
他にもこの包みの上にかぶさる棺(土器製でやはり顔がついています)を模したキーホルダーもありました。

会期は6月24日(日)まで。
その後、
仙台市博物館 2012年7月6日(金)〜9月9日(日)
山梨県立考古博物館 2012年9月18日(火)〜11月14日 (水)(予定)
静岡県立美術館 2012年11月27日(火)〜2013年1月27日(日)
と3か所巡ります。

よろしければ会場に足を運んでみてください。
posted by 美々 at 09:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 観てきました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

2012年2月25日

今月頭にある有名劇団(いつも観に行っているキャラメルボックスではありません)のスクールの卒業公演を観てきました。
知り合いの知り合いの姪御さんが卒業生で、知り合いのところに「観てやってください」とチケットが渡されたそうで、それを一枚いただいたので観てきました。

卒業成果の発表会、ということで、カリキュラムの「演技、コント、アクション、アクロバット、ボーカル、ジャズダンス、HIPHOP、バレエ等、ミュージカル・アクション・コメディー」がそれぞれとりこまれたお芝居になっていました。

観ている最中に思ったこと。。。
笑いのシーンなんだけど、笑えない。
同じようなことをキャラメルボックスの芝居で観たら、思いっきり笑っているのに。
これがプロとアマチュアの差かしらね?

そんな話をいつもキャラメルボックスを一緒に観に行っている友達にしたら、
「思いきりが足らないから・照れを捨て切れていないから」と言われ、納得。
盛りだくさん過ぎてどこかぎこちなく、落ち着かないせいもあったのかな。
一年間であそこまで、というのは凄いと思うけど。。。
posted by 美々 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

2012年度の歌舞伎鑑賞教室の演目・主演が決まりました

毎年のようにご案内していた歌舞伎鑑賞教室。
去年は私がバタバタしていてご案内できる状態じゃありませんでした。

今年の演目・主演が決まったようなのでご案内します。
http://www.ntj.jac.go.jp/kansyoukyousitu/kokuritsu.html

6月は「俊寛」で中村橋之助丈。
これは泣ける!
そこまでの過程は笑いもあります。

7月は「毛抜」で片岡愛之助丈。
これは歌舞伎十八番に入るお芝居。
歌舞伎らしい破天荒なお芝居です。

どちらもお勧めです。
posted by 美々 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

2012年2月12日

昨日鹿島神宮で汲んできた水でお茶を点ててみました。

heart_monaka.jpg

お菓子は川崎屋東照さんのハート最中。
お察しの通りチョコレート風味の餡子です。
バレンタインデーに因んだチョコ以外のお菓子も増えましたね。

今日のお茶のお稽古では

主菓子は鶴屋吉信さんの棹物「ときめき」←あま〜い羊羹ですw

Valentine's2012_1.jpg

干菓子替わりに、松蔵ポテトさんで販売されている三色それぞれ味が違うマカロンでした。

Valentine's_2.jpg
posted by 美々 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

東国三社巡りに行ってきました

今日は東国三社巡りに行ってきました。
東国三社とは、茨城県鹿嶋市の鹿島神宮・千葉県香取市にある香取神宮・茨城県神栖市にある息栖神社を言います。
昔は関東以北の人たちはお伊勢参りをしたあとに必ず「下三宮(しもさんぐう)詣り」として、参拝する習慣があったそうです。
また、それぞれに祭られるタケミカヅチ、フツヌシ、アメノトリフネの三柱の神が、アマテラスに天界から派遣されて、地上を譲るように迫った「国譲り」神話に由来しているそうです。

今回行くきっかけとなったのは、整体の先生のはなし。
私が通っている整体の先生は、氣功などもできます。
「このところストレス溜め過ぎ。鹿島神宮に行くと良いよ」「色々な神社にいったけど、鹿島神宮では怒られちゃった」
他にもネットで調べると、出てくる出てくる・・・すごいパワーがある神社のようです。

行き方を調べたら、鹿島には東京駅から1時間に3〜6本もバスが出ています。
片道1800円弱。2時間ほど。
そしてそれぞれの神社が20分ほどの距離とか。
「ならば、日帰りプチ旅行♪」なんて軽く考えて出かけることにしました。

当初予定では、鹿島神宮→香取神宮→息栖神社の順に巡るつもりでした。
しかし、東京駅に着いた時、次に出る鹿島方面行きのバスは、鹿島神宮まで行かない途中どまり。
しかし、そこからタクシーで5分のところに息栖神社がある。
ならば、息栖神社から巡ることにしました。

「タクシーで5分(徒歩可)」この言葉につられて歩き出したのですが、東京のタクシーで5分と一緒にしちゃいかん!
結局40分ほど歩いて到着。
参道に立ち、ふと後ろを振り返ると、鳥居がもう一つあります。
その鳥居、利根川の中に立っていて更に小さな鳥居がふたつあり鳥居の下からは、泉が湧きだしています。
この井戸は、汽水の中に湧き出す非常に珍しいもので、 「忍潮井(忍塩井)=おしおい」と呼ばれ、伊勢の明星井、伏見の直井とともに日本三霊水に数えられています。
水が汲めるのかと思っていたら、柵の中で手が届かず。

本殿にお参りして、次の香取神宮に向かおうと社務所で行き方を聞いたところ、タクシーで駅まで出て電車に乗り、佐原駅から更にタクシーとのこと。
「それなら直接ここからタクシーで行っちゃおう」とタクシーを呼んでもらいました。

「20分の距離」これがまた曲者で。。。
道が空いているから、距離が行く行く。
結局5000円弱w
運転手さんが「お参り終わって鹿島神宮に行くなら、待ってるよ」とのこと。
なんでも、土曜日は会社が休み(神栖市には沢山の企業の工場があるそうです)で暇だから、いいよ〜ですって。
もう、ついでだ!と待ってもらうことにしました。
「1時間ぐらいかかっちゃうかも〜」
「メーター止めておくから大丈夫」←実際は息栖神社から香取神宮までで一旦支払いしてます。
ということで、香取神宮へ参拝に。

香取神宮は調べてみると、鹿島神宮より荒々しい神様みたい。
でも、社殿は朱塗りで彫刻が美しく、華やいで見えました。
桜の季節はとても綺麗とか。

奥宮まで巡って1時間ぐらい。
タクシーに戻って鹿島神宮へ。

鹿島神宮へ行く途中、運転手さんに色々周囲のことを教えていただきました。
東関東大震災で、今走っている道ぐらいまで津波が来た。道がうねっているのは地震の跡など。
その道って、今調べてみると海岸から4キロぐらいあるところでした。
今見ても、歩道の石組は崩れていますし、電柱も曲がって立っています(「これでも直ったんだよ」ですって)
改めて地震の被害を感じると共に、東北3県ばかり報道されていますが、茨城も被害が大きいなとつくづく思いました。
鹿島神宮入口の大鳥居も地震で崩壊しています。

鹿島神宮は木がうっそうと茂る森の中にありました。
木漏れ日がやさしい。
私には懐が大きいように感じられました。
朝から何となく胃が重かったのに、ふと鹿島神宮の参道で軽くなっているのに気がつきました。
神様や氣など、私は感じられないのですけど、森の中の気持ちよさは分かります。
それでストレスが無くなったのかな?

ゆっくり参道を歩いて本殿・奥宮・一番奥の御手洗池(みたらしのいけ)まで。
御手洗池(みたらしのいけ)のほとりに水を汲める場所があったので、持っていたペットボトルに汲んできました。
また、傍にその湧き水で作ったものを出す食事どころがあったので、手打ちそばとお団子をいただきました。

お参りを終えてお守りなどを見ていたら、面白いおみくじがあったのでやってみました。
「鹿島の帯占い」っていって、三角形に折られた包みから帯(こよりですね)が4本出ています。
それを二本づつ結んで包みを開くと、帯の結ばれた形で占うというものでした。
私の結果は「叶う」ヽ(^o^)丿「現実には難しいようにみえますが、確実に良い結果が出ます」とのこと。
何を祈ったのかは内緒w

バスは鹿島神宮のバスターミナルにも止まりますが、出発地は鹿島神宮駅なのでそこまでてくてく。
駅に着いたら何かお土産を、と思ったら、なにも売ってないw
鹿島神宮近くで買えばよかった。。。

朝東京駅を7時半発、帰りは鹿島神宮駅を14時20分発。
東京に着いたのが、16時15分ごろ。
穏やかで温かく、気持ちのいい1日でした。
このコース、また行ってみたいけど、次回は現地でレンタカーを借りて巡りたいです。
posted by 美々 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

節分といえば。。。

今日は節分ですね。

 月も朧(おぼろ)に 白魚の
 篝(かがり)も霞(かす)む 春の空
 冷てえ風に ほろ酔いの
 心持ちよく うかうかと
 浮かれ烏(からす)の ただ一羽
 ねぐらへ帰る 川端で
 竿(さお)の雫(しずく)か 濡れ手で粟(あわ)
 思いがけなく 手に入る(いる)百両

   (舞台上手より呼び声)御厄払いましょう、厄落とし!

 ほんに今夜は 節分か
 西の海より 川の中
 落ちた夜鷹は 厄落とし
 豆だくさんに 一文の
 銭と違って 金包み
 こいつぁ春から 縁起がいいわえ

歌舞伎『三人吉三廓初買』(さんにんきちさ くるわの はつがい)(一部上演のときは『三人吉三巴白浪』(さんにんきちさ ともえの しらなみ))なかの名セリフです。
節分の夜、大川端庚申塚で、ひょんなことから夜鷹を川に突き落とし小判百両を奪った女装のコソ泥・お嬢吉三が朗々と語ります。
聞いていて気持ちがいいセリフ。大好きなお芝居です(^^)
posted by 美々 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

『俊介ころころ』

仕事中、午前中でも意識がなくなるくらい眠くなることが、ここ数日続いています。
朝はすっきり目が覚めるんだけどね・・・寒くて布団から出たくないけどw
そんな話を整体の先生にしたところ、
「思わず『にやっ』ってしてしまう癒し系のものを、机に置いておくといいよ」と教わりました。
それをふと眺めることで、癒されて眠くなるのを防げるそうな。

癒し系の絵葉書でも写真立てかカードスタンドで置こうかな、と思いましたが・・・うちの職場、あまり机に物を置いてはいけないはず。
”クリーンデスク運動”なるものをやっています。
「PCで癒し系の映像でも流せば?」と言われましたが、情報漏洩防止のためにネットにつながっていないし、許可なくUSBメモリとか持ち込み禁止、ソフトも許可されたもの以外インストールできないし。

ならば、机の中に入れといて、ちらりと見られるもの。。。
絵葉書もいいけど、写真集もいいかもと思って本屋を探したところ、見つけたのがこの本。

俊介ころころ〜ツイッター犬 俊介のまいにち〜
4796684220


ポメラニアンの俊介君の写真集です。
飼い主さんがtwitterで俊介君の日常をつぶやいたところ、話題になっての出版のようです。

人さまの犬でこんなにメロメロにされるとは。。。
本に載っているアドレスから携帯の待ち受けがダウンロードできるのですが、これがまたラブリー。
携帯を開くたびにニヘラしてます。

ニヤッじゃないけど、これで明日から大丈夫かな?

posted by 美々 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

2012初釜

昨日はお茶の社中(先生とそのお弟子さんたち)での初釜(新年最初に行なうお茶会)でした。
場所は横浜の名園・三渓園のそばにあり、古民家を移築して建てられたお料理屋さんの隣花苑。
三渓園を創設した原三渓の曾孫さんのお店です。

社中勢ぞろいは、初釜のときだけかな。
総勢40人ほどで、お休みの方が20人ほどいるとのこと。
私が習っている先生とお母様の大先生、そして大先生の亡くなられたお姉さまに師事していた方が移ってこられているので、大所帯ですね。

最初に濃茶、続けて薄茶。
席を変えて昼食。
また席を変えて福引となりました。

hatugama2012_01.jpg

まずは床飾り。
掛け軸は隣花苑さんのもので、原三渓の娘さんがお嫁に行くときに、お祝いにいただいたものの熨斗を表装したものだそうです。
紙じゃないので、絹に描かれているのかな?
こんな熨斗がついた贈り物って。。。
初釜の床飾りにつきものの結び柳。
お花はお庭の紅白の椿。
香合はぶりぶり香合。ぶりぶりとは、昔のお正月の子供のオモチャ。車が付いていて、引っ張るための紐が先についていて、子供が引っ張ると「ブリブリ・・」と音がしたものだそうで、この香合、初釜では定番のものらしいです。

お釜。

hatugama2012_02.jpg

海老の形をした環付。
長寿を祝う形でしょうか。

お道具。
hatugama2012_03.jpg

大先生の亡くなられたお姉さまのもの。
黄色の色が鮮やかです。

茶席では2番目のお客様、次客でした。
本来、私に正客(一番目のお客)の資格があったのですが、まだ入門3年目。
正客は色々やらなきゃいけないこともあり、私では務まらないので辞退しました。
でも緊張したぁ。。。
そんなわけで、茶席中でいただいた御菓子やお茶碗の写真はなしw。
主菓子は花びら餅(葩餅)。社中のお菓子職人である兄弟子が作ったものでした。
干菓子は梅の形をした落雁でした。

お食事の席は大人数なので2部屋に分かれて、お食事をいただきました。
黒豆や数の子が入った卵焼きなど、お正月らしいお料理。

hatugama2012_07.jpg

写真左は名物の三渓そば。右は白みそ仕立てのお雑煮です。

寒いけれど穏やかな一日、民家らしいお庭もきれいで、楽しい一日でした。

大先生に「今年のお茶の目標を立てること」と言われたので、私の目標を。

  きれいにお茶を点てる。

裏千家では、薄茶のときに泡立てます。
この泡がきれいに立たないんですね。
先生や姉弟子のお茶の綺麗なこと。
ふんわり泡立っていて、美味しそうなんです。
一歩でも近づきたいなぁ。
posted by 美々 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

迎春 2012

2012年になりました。
昨年中はお世話になりました。
ブログも放置気味で申し訳ありませんでした。
今年は色々なことに「心機一転」頑張っていこうと思います。
皆様のご多幸をお祈りいたします。
posted by 美々 at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

クリスマスバージョンのお茶のお稽古 2011

今日は今年最後のお茶のお稽古日でした。
クリスマスと言うことで、クリスマスバージョンのお稽古です。

まず。床の間のお軸。

Xmas2011 001.jpg

賑やかなクリスマスソングではなく、アベ・マリアなどが聞こえてきそうな感じです。

お菓子は、和菓子職人の兄弟子作の物。

Xmas2011 002.jpg

Xmas2011 004.jpg

雪だるまは自然と寄り添っちゃったw

お茶碗は去年のものと今年先生が購入されたものの2つ。
今年の物は写真撮り忘れた〜(><)
見た目は普通の白いお茶碗何ですが、高台が星型でした。

茶杓も新しいもの。
これも写真撮り忘れてます。
赤い地に靴下やベルなど、クリスマス柄が描かれているものでした。

今日のお稽古は丸卓。
ちょこんとサンタさんが載っています。

Xmas2011 005.jpg

Xmas2011 006.jpg

蓋置きはガラス製の蝋燭立を見立てています。
先生のアイディアですが楽しい〜

いつも以上に賑やかなお稽古、でも、しっかり教えていただきました。

オマケ・・・
今、編み物にはまっています。
暇があると、手を動かしています。
お教室の皆さんに編んだエコたわしをクリスマスプレゼント、というにはおこがましいですが差し上げました。

Xmas2011 007.jpg

クリスマスもあと数時間で終わり。
クリスマスメリークリスマスクリスマス
posted by 美々 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。